車を売却する時、買い取ってもらいやすい色は?

車を売却する時、買い取ってもらいやすい色は?

車を売却する時、ボディの色によって買取りをしてもらいやすいかどうかが変わります。簡単にいうと、白やグレーなどの多くの人々が使うカラーの場合は買取りしてもらいやすいです。また、その金額も高くなります。逆にピンクやイエローなどの派手な色はなかなか車が売却できなかったり、売却できても安い値段になったりします。

 

 

珍しい色ほど安くなる理由

 

普通は珍しい色やアイテムほど高く売れる、と考えがちです。しかし中古車の場合はそうではないんですね。確かに欲しがる人がいたら高く売れるでしょう。たとえばランボルギーニなどの場合、買う人にもこだわりがあります。赤のランボルギーニではなく、オレンジのランボルギーニがいい、オレンジでないと絶対いやだ、というこだわりがあるわけです。その場合、その人の所にオレンジのランボルギーニを届けるために、どれだけ輸送費がかかっても、その人が払ってくれるから問題ないわけです。しかし、普通の車ではそんなコストはかけられないんですね。

 

車は普通のアイテムと違い、輸送費が高い

 

車は普通のアイテムと違い、輸送にお金がかかります。つまり、欲しい人がどこかにいても、その人が遠くに住んでいたら売れないのです。つまり「地元の人にしか売れない」わけで、これだけネットが普及した時代でも、商圏が限られているジャンルなんですね。なので、売れる相手を選ぶような珍しい色の場合、どうしても買取りしてもらいにくいのです。

 

 

車は在庫の管理コストが高い

 

さらに車がやっかいなのは、場所を取るということです。管理コストが高いわけです。となると、中古車の業者としては「できるだけ、仕入れた瞬間に売り飛ばしたい」わけです。右から左に流れていくのが理想なんですね。となると、多くの人に売れる白やグレーなどの一般的な色が好まれるわけです。

 

 

女性向け、若者向けのクルマなら例外も

 

ただ、女性向けの車、若者向けのクルマなら例外もあります。そういう車の場合、たとえばグレーが逆に売れない、ということもあるからです。白なら全世代売れますが、グレーは大学生くらいの年代だと逆に敬遠されるということもあります。そういう若い世代をターゲットにした車だったら、派手な色でも売れる可能性があるので、このあたりはご自身の持っている車を見ながら、臨機応変に買取相場を観察していただけたらと思います。また、買う段階から将来売る時を見越しておくのがいいでしょう。

車を売却する時、買い取ってもらいやすい色は?エントリー一覧