車の査定相場は時期によって変動するか

車の査定相場は時期によって変動するか

車の査定相場は時期によって多少変動します。一番変動するのは、やはりその車種のモデルチェンジの前後です。モデルチェンジをすると古いモデルの人気が落ち、中古車でも古いモデルがあまり買われなくなります。ということで、当然値段が下がります。市場での値段が下がっている以上、査定でも安く買い取りせざるを得ません。というわけで、モデルチェンジのタイミングでは、多くの車種が安くなります。

 

 

モデルチェンジの前でもすでに安くなる

 

モデルチェンジ直後で安くなるのは当然ですが、その前段階から安くなります。理由は、モデルチェンジで安くなることを知っている人たちが売却を始めるからです。みんなが動けば、株価と同じようにどんどん値下がりしていくというわけですね。なので、モデルチェンジより相当前に売却しなければならないのです。

 

 

新車が売れる時期は微妙に安くなる

 

中古車の直接のライバルは新車です。新車を買うか中古車を買うかで迷う人も多いわけですから、それは当然でしょう。そうなると、当然新車が売れる時期には中古車も売れなくなり、その前の時期は査定価格もやや安くなります。では、どのような時期に新車が売れやすくなるのでしょうか。

 

 

その会社の決算月は新車が売れやすい

 

会社には決算の時期というものがあります。多くの会社は年末か3月に設定しています。こういう時期は、その決算時での販売実績で親会社からボーナスが出たりするので、販売店も頑張ります。多少値下げしてでもボーナスによって元が取れればいいと考えるので、普段より積極的に値引きしてくれるわけです。なので、こういう時期は新車がよく売れるんですね。その反面、中古車はいわばほって置かれる状態なので、売れにくくなります。

 

常に自動車の市場を見渡すことが大切

 

このように新車が売れることによっても中古車の査定価格は下がります。同じように自動車業界全体の動向によって、中古車の査定価格は激しく変動します。こうした状況によく目を通しておくということが、車を高額で売却するためには必要です。なので、できるだけ日頃から車に関する雑誌を読み込んでおくといいでしょう。こうした雑誌には人気車種のモデルチェンジなども大きく紹介されているので、それを参考に売るタイミングを事前にはかることもできます。このように、車査定相場を読むためには、何よりもまず情報が大事なのです。それはどんなジャンルでも同じでしょう。

車の査定相場は時期によって変動するかエントリー一覧