事前にどんなメンテナンスをすると車を売却しやすいか

事前にどんなメンテナンスをすると車を売却しやすいか

当然ですが、車売却をする時も事前にメンテナンスは必要です。ここではどんなメンテナンスをするとより高額で車売却ができるかを説明します。まず第一に当日か前日にしっかり洗車することです。できれば当日するのがいいでしょう。ピカピカの状態で出向けば「この人は本気で売るつもりがあるな」と査定業者に感じてもらえます。そして、そういう無言のプレッシャーのようなものを与えると、あちらも高額で査定してくれるわけです。

 

洗車をしないで行くと見くびられる

 

見くびられるというと少し表現が変かも知れませんが、わかりやすいのであえてこう表現します。洗車すらしないで行くと「ああ、この人高く売る気がないな」と思われます。そして「じゃあ、このくらいの安い買取価格でも大丈夫だろう」と思って、安い価格を提示してきます。査定業者もビジネスですから、こういう工夫をしながら利益を出して、家族なり社員なりを養っていかなくてはいけません。洗車をしっかりしないで査定に出すということは、そうして足元を見られるリスクがあるということです。

 

 

必要な部分は当然修理していくべき

 

必要な部分は修理や補修をしてから持っていくというのが当然です。これはマナーでもありますが、やはり高く売却するために必要なコツでもあります。というのは、修理や補修をしないで行った場合、それらを向こう任せにするということです。ということは「これこれの修理には○○円かかりますから、その分買取価格から差し引きますね」と言われても、反論できないということです。その価格が通常より高い修理費だったとしても、向こうが決めることだから仕方ないんですね。

 

 

自分で修理に出した方が当然安い

 

当たり前ですが、自分で修理に出す方が修理費は安くつきます。査定業者の場合、その査定業者の人件費も入るわけですから。自分が修理に出す場合、その修理を依頼する時の手間は自分が負担するわけですから、自分の分の人件費がなくなります。なので、修理費が安くなるんですね。

 

自分が査定業者だったらどう思うか考えよう

 

最終的には自分が査定業者だったらどんな車を高額で買取りしたいと思うか、ということを考えればいいわけです。これは恋愛でも仕事でもすべてに言えることですが「相手の立場で考える」ということが大事なんですね。それができる人は、○○のコツなんていうものを意識しなくても自然にできるようになるでしょう。

事前にどんなメンテナンスをすると車を売却しやすいかエントリー一覧